戻る

ひとくちメモ


HACCP


在、食品・外食産業では多くの企業が先を急いでHACCPの導入を推進している。

また、自社の認証取得にあわせて、食材などの納入業者にもHACCP導入を義務づける企業も多く、企業規模を問わず業界をあげてHACCPへの関心が高まっている。

HACCPは米航空宇宙局(NASA)が宇宙食の製造のために開発した宇宙の時代・・・衛生間理法で最終製品をチェックするのではなく、各工程ごとに病原菌や遺物混入の危険を特定・分析し、その防止に必要な管理項目を設定しチェックするのが大きな特長である。

現在のところ、日本にはまだHACCPの認証機関がないが、近い将来には認証が開始される予定であり、またそれに先だって、米国の認証機関から認証を取得する企業もある。

このような状況を受けて、日本フードサービス協会(JF)と青果物カット事業協議会が、それぞれHACCP導入マニュアルを作成し、加盟企業に配布している。

=1998/04=



前へ 情報に戻る 先へ

Copyright(c) 1997-2005 Nihon Noden.Inc All Rights Reserved.