戻る

ひとくちメモ


「海の日」


月20日が海の記念日になった理由は、明治9年に明治天皇が、初めて明治丸という船に乗って、北日本を旅行されて横浜港に返ってきたのが、7月20日であったことから、この日が海の記念日にきめられたということ。

海と言えば「リゾート!」地球の表面積はおよそ5億1千万平方Kmで、そのうち海の面積は、3億6千万平方Kmと71%を占めている。

世界で最も大きい海は太平洋で、次は大西洋、インド洋、北極海の順である。

これらの海で一番深いのは、日本の遥か南にある太平洋マリアナ海溝と呼ばれているところで、10,924mである。これは陸地で一番高いエレベストの8,848mの山より2,000mも大きい数字である。

次に、海といえば島を連想するが、世界で最も大きい島は、北極海にあるグリーンランドで、大きさは約200万平方Kmで、日本の本州は7位にランクされているが、グリーンランドの9分の1しかない。

なお、海は一般の人々にも多く親しまれ、海水浴など夏には欠かせない。

海水浴に適した水温は、大人が23℃以上、子供は25℃以上が適当といわれている。

7月20日ごろの平年の海水温度は、関東地方が22〜23℃、西日本は25℃前後、北日本は低く、20℃前後となっている。

=1997/07=



前へ 情報に戻る 先へ

Copyright(c) 1997-2005 Nihon Noden.Inc All Rights Reserved.